スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最強の座り心地!コンテッサ(Contessa)

コンテッサ(Contessa) チェアー ポリッシュフレーム 座メッシュ 【ヘッドレスト】 ブラック CM51AB-FBH1
31892ENB7NL__SL500_AA300_.jpg

【商品説明】
・コンテッサでまず目を引くのが、アルミフレームが描く流麗なリアフォルム。ワイドなメッシュバックとの組み合わせは、身体の心地よいフィット感を鮮やかに予感させる。
・流れるようなフレームデザインと、先進のメカニズムが融合したコンテッサは、イタリアのインダストリアルデザインの名門「GIUGIARO DESIGN」とオカムラの共創から生まれた。
・座ったままの自然な姿勢で、日常使う基本的な調整が簡単に行えるよう、アームレストの先端に座面上下調整とリクライニング調整の操作レバーを配置。左側のレバーでは、120mmストロークの座面上下調整が行える。
・幅62~71×奥60~65×高97~107cm

【amazonレビュー】
☆アーロンは作業用、思索のためのコンテッサ
このクラスのチェアとなると、メッシュタイプでは、アーロンか、コンテッサか、選択に悩むところでしょう。1994年にハーマンミラーから出たアーロンは、新素材メッシュで包み込むように腰を支え、まさに画期的でした。2002年、オカムラはジウジアーロのデザインで、同じくメッシュを素材に、このコンテッサを作ります。
 
しかし、座ってみるとわかるのですが、二つのメッシュチェアは、コンセプトが大きく異なります。アーロンは、がっちりと身体全体を固定して前傾します。つまり、タイピングや作画などの細かな手作業向きのチェアです。だから、いちいち再調整しないと、ふつうの姿勢には戻れません。

一方のコンテッサは、アーロンのような剛性には欠け、むしろ各部がヤワく、軸心がガタつき、ちょっと不安定な感じですが、しかし、チェア全体が抵抗なく身体に付き従って、後ろそりをヘッドレストで支え、肘をついてはアームレストが開き、前に乗り出せば、腰を後から押さえてくれます。
 

つまり、単純な事務仕事を長時間するならアーロンはいいものの、しかし、弛緩と集中の波を繰り返しながら企画や構想を練るような独創的な思索が求められるなら、断然、コンテッサが使いやすい、ということになります。
 

発売直後に購入し、もう6年になりますが、メッシュのヘタレなどもありません。昨年、ボルトの問題があったとのことですが、メーカーがオーナーを把握しているので、きちんと全機出向いて部品交換を行っているそうで、うちのも、かなり親切丁寧に点検してくれました。まあ、アーロンもそうでしょうが、欠点は、メッシュは掃除が面倒ということ。ほこりが座面を抜けて機構部に積もりやすく、メッシュそのものが摩擦でほこりを絡み込む。
 

もし、思索用チェアとしてコンテッサと比較検討するなら、アーロンではなく、1998年に出たスチールケース社のプリーズがなかなか。これも研究室の方で10年来使っていますが、やはり姿勢への追随性がとてもよく、コンテッサよりも剛性が高い。メッシュではないものの、布地の通気性もよく、ムレもありません。
(参考サイトamazon)


スポンサーサイト

爽やかな万年筆「ペリカン ペリカーノJr - Pelikan Pelikano Junior 」

ペリカン ペリカーノJr - Pelikan Pelikano Junior
416KBv4Vk2L__SL500_AA300_.jpg

【商品説明】
小学校の頃から、鉛筆だけではなく万年筆を使って文字の書き方を覚えるドイツで、子どもたちが最初に手にする万年筆が「ペリカーノJr.」です。

学童用に開発されただけあって、ポップなカラーリングが目を引きますが、筆記具としての高い完成度も見逃せません。特に、三つのくぼみが設けられたグリップ部分は、使っているうちに正しいペンの持ち方が身に着くというもの。書き味も非常に滑らかです。

デザインのよさと優れた性能、そして手頃な価格で、お子さまから大人まで、どなたにもおすすめできる万年筆です。 

「参考サイトamazon」

【amazonレビュー】
☆発想が湧き出てくるような気持ちにさせる万年筆
子どもが正しい持ち方ができるように、開発された万年筆だそうですが、大人が使っても心地よいです。
 よく考えてみると、私達もそんなに万年筆を使い慣れているわけではないので、正しい持ち方ができるように考案されたグリップのお陰で気持ちよく書けているのかもしれません。

 文字はやや太め、グリップもやや太めです。プラスチック製ですが、キャップを付けることにより、適度な重さを感じることができます。
 ある本がこの万年筆を紹介していましたが、インクのスムーズな出方が「ちょうど発想の湧き出るような感じ」だそうです。

 高い万年筆を壊さないようにビクビクしながら使うよりは、この万年筆を自由闊達に使う方が精神的にも良いと思います。
 ボールペンに少し飽きた方には、うってつけだと思います。

オススメ文具・オフィス用品

完全保存!「ナカバヤシ キャパティ/ドライボックス」

ナカバヤシ キャパティ/ドライボックス27L/グレー DB-27L-N
316VzqeehnL__SL500_AA300_.jpg

【商品説明】
保存状態が一目でわかる湿度計付のドライボックス。しっかり密閉でき、付属の乾燥剤で除湿効果抜群。

■本体寸法:W306×D486×H270mm
■内寸:W250×D410×H235mm
■本体重量:1.6kg
■材質・本体・スペンサー:ポリプロピレン・フタ・止具:強化スチロール樹脂・パッキン:シリコンゴム・湿度計本体:スチロール樹脂製
■容量:約27リットル /

【amazonレビュー】
☆満足しています
容量もタップリあり、私はバッグ内のクッションケースごとバッグから取出して、このケースに移して収納しています。
(一眼レフ1台+レンズ数本)

乾燥剤はシリカゲルが一袋入っていますが、頻繁に開閉するとすぐに飽和状態を示すピンク色に変わるので、100均でシリカゲルを買ってきて追加しています。
尚、ピンクに変わったシリカゲルは、電子レンジ(弱)で温めるか、天日干しで機能が回復するので、繰り返し使えてその面でもコストパフォーマンスが高いと感じています。

また、簡易なものですが湿度計が付属していてセット出来るため、外から湿度が確認できるのも安心できますね^^

少し大きいと感じる方も居ると思いますが、サイズを確認のうえ置き場さえあれば、大は小を兼ねると思ってこちらを買うのも良いのではないでしょうか。

「参考サイトamazon」

オススメ文具・オフィス用品

大きい紙でも切ります!「PLATA 大型ペーパー断裁機 」

PLATA 大型ペーパー断裁機 PC009
314YzSXBq3L__SL500_AA300_.jpg

【商品説明】
積もり積もった書籍の電子(PDF)化の作業を楽にしてくれるスグレもの。

高速スキャナーで取り込む前に書籍の束(つか)を一気にカット。これで時間も大幅短縮! 

使い方は、カバーや表紙を外してから断裁機にセットし、ハンドルを回して固定、安全ロックを解除して軽くレバーを下ろすだけ。

【amazonレビュー】
☆切れる。でも…
大量に溢れた書籍・雑誌を裁断し、自動給紙スキャナー(ScanSnap S510)で読み込ませるために購入しました。
簡単に長所短所をまとめますと、

長所>
・安い
・(それなりに)切れる
・重量があるため安定性が良い

短所>
・購入して箱を開けると油とホコリがあちこちに付着していた
・刃が比較的早く傷む
・固定装置の滑り止めが粗悪なため固定が弱い
・受木の素材(プラスチック)が弱い

こんなところでしょうか。
他の方もレビューされていますが、
機械油とホコリがベッタリ付着しており、開梱後しばらくは臭いが漂います。
使い始めの際は刃や下面についた油をしっかり拭き取っておかないと、
裁断した部分に油(黒く汚れてます)が付いてしまいますので注意したほうがいいでしょう。
そして拭き取った後は、可動部に556などの潤滑油を吹いてやるとサビ防止になります。

肝心の裁断性能については、値段の割にはしっかり切れており、
5cm厚の学術書(ハードカバー)でもザックリ切れました。
力もあまり要りません。
ただし、厚い物を裁断する際は、固定装置が弱くズレてしまう(斜めに切れてしまう)ことがあるので注意したほうがいいかもしれません。
この点は垂直裁断式の「プラスPK-513」のほうが分があります。
また、刃が弱いらしく、2~5cmの学術書50冊程度を裁断したあたりで切れ味が落ち始めましたが、
刃を研いでやると切れ味が復活し、定期的に研ぐことで長く使えそうです。
なお、アマゾンではありませんが替刃も売られています。

自動給紙スキャナーでスキャンする際は、裁断した部分を指で払い、
紙が一枚一枚しっかりめくれるようにしてやれば問題なくスキャンできます。

オススメ文具・オフィス用品

光で切る場所を示す!「プラス 断裁機 裁断幅A4」

プラス 断裁機 裁断幅A4 PK-513L 26-106
41rNwJbl6iL__SL500_AA300_.jpg

【商品仕様】
光でカットラインを表示。光によって断裁位置の目安を確認できるカットライン表示機能付です。(照光は裁断幅の一部分のみとなります。)
ロックをはずさないと刃がおりない安全設計になっています。ハンドルをおろした状態ではロックできません。

断裁能力:約15mmPPC用紙換算で約160~180枚。
用紙サイズ等によっても若干の寸法誤差が生じることがあります。

【amazonレビュー】
☆後悔させません!(置き場所以外なら)
【注意:前モデルのPK-513と電源以外同じ、という前提でこのレビューを書いています。】

書籍をスキャンするなら裁断機は必須です。
カッターは怪我が怖いし、遮断機型は気を抜くと最後の方がヨレがち。
そのうえ垂直に裁断しないとドキュメントスキャナが斜めに読み取って涙目です。

この機種は一度に1.5cmまで垂直に切れるから大抵の書籍は2~3分割すれば処理可能で、それまで一冊の裁断に10分近くかかっていたのが20秒に。 
時給800円換算でも260冊前後で34000円の元が取れます。

ハンドルが跳ね上がった状態でロックがかかるため、ラックや棚で上方スペースを稼ぐなら高さは余裕を見て50cm。また裁断時にハンドルを引き倒すため手前に10cm以上の空きが必要です。(前モデルPK-513が届いた時は引き倒した状態で箱の中にワイヤーで固定されてきました。この箱は普通の玄関ドアを通りました。)
子供の指は安全ガードの1.5cmより細いので、手が届かないように工夫してください。

前モデルとの違いは、裁断箇所の目印ランプの電源が単2電池から単3電池に変わったぐらいしか読み取れません。それだけ完成度の高い製品なのでしょう。 (アダプタ無しでエネループを使えるようになったのは意外に重要だと思います。)

厚い本の分割用にカッティングマットを幅5cm程度に切って台手前の空きに貼っておくと便利。これとカッター、そして背表紙外しにお役立ちのヒートガン(工業用ドライヤー)も関連商品に欲しいところ。

最後に。蹴つまずくと生まれて来たのを後悔するほど痛いので、止むを得ず床に置くときは角をウレタン等で覆っておく事を強く強くお勧めします。

オススメ文具・オフィス用品

プロフィール
28歳で福岡県住みです。 よろしくお願いします。

bagi

Author:bagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
NEC (6)
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。